売却タイミングを知る

作業中の手

所有する土地やマンションを売却する時、まずは不動産査定でどのくらいの価値があるか調べてみましょう。土地の値段は景気が良い頃は高く、景気が悪くなると下がる傾向にあります。バブルの頃は土地の値段、つまり地価の高騰が続いていたため、これから先も上がり続けると信じて高い販売価格で不動産を購入し、バブルがはじけた後に高値で購入した不動産の価格が大きく下がってしまったという経緯がありました。不動産査定では、購入した時の金額が高くても、売却する時に地価が下がっていれば販売価格は安くなります。その一方で、地価が上がった場合は購入した時よりも高い販売価格をつけるということも可能なのです。不動産の販売価格はその時の市場価格に合わせてつけることが一般的なのです。

地価は国が決める土地の価格ですが、建物も売却する場合や、マンションの場合はその建物の査定も行われます。不動産査定で重視されるポイントの一つに、築年数があります。戸建てやマンションが新築として建てられた時から何年経過しているかということは、中古物件を購入したいと考えている人にとっては気になる点ではないでしょうか。築年数によっては購入してすぐに補修などのメンテナンスをする必要もあります。最近では築年数が経過している物件はリノベーションと呼ばれる改装を施しているものもあります。築年数が経過するほど不動産査定では値段が安くなっていくものですが、そのような場合でも買い手がつきやすくできる工夫はあるのです。