現在までの流れ

住宅街

マンション購入時は1人暮らしをしていたが、その後結婚などをして売ることを考える方がいます。基本的に不動産を通してマンションを売る制度がありますが、これまでの歴史や変遷を少しみていきます。 今ではインターネット技術が進化しているため、マンションを売る場合にはパソコンやスマホから申し込むことが可能です。ですが昔は主に不動産に足を運んで申し込む必要があり、そこで色々と手続きなどを行います。そこで不動産に勤めている建築士などが、マンションの売却価格などを査定や検査などを行い価格を決定します。その金額に売却希望者が納得したうえで、そこで初めてマンションを売るという契約がされることになります。このように昔はパソコンなどを使用しないで、人の足で実際に確認をする方法が主流だったとされています。

何らかの理由で以前購入したマンションを売却することになった場合に、不動産と連携して売りに出すことがあります。今では多くの方が利用している制度の1つですが、今後将来これの需要がどのように変化していくかを予測していきます。 マンションを売りに出すということは中古物件になるということですが、実は今新築よりも中古を求める方が増加しています。その理由は新築より安く購入でき選択肢が広いということであり、多くの方に中古物件が注目されています。それに比例してマンションを売る方の数も増加しており、不動産やインターネットなどを利用して新しい入居者を集っていることが多いです。この需要は今も伸び続けているため、今後も利用者の数は増加していくものと考えられます。なおあくまでも売ることが前提となっているため、賃貸契約でマンションに住んでいる方はこの制度は利用できないです。