効率よく売る方法

家の模型

住宅ローン返済のためにマイホームの売却を考えるのなら任意売却がおすすめです。任意売却に類似する売却手段に競売もありますが、債務者に利点が多いという意味で任意売却がいいでしょう。 任意売却は債務者が自ら買い手を見つけてマイホームを売却する方法で、競売は裁判所にて入札で買い手を見つけてマイホームを売却する方法です。 競売だと裁判所が手続きを進めるため自ら手間をかける必要がないですが、一番安く入札した人に売却されるため安くなってしまいます。対して任意売却だと自ら動く手間はありますが、自分で買い手を選び交渉もできるので高値での売却ができます。さらに引越費用や当面の生活費などを売却代金から持ち出すことができ、買い手への交渉次第でそのまま住み続けることも可能です。

任意売却は自分一人で行うことも不可能ではありませんが、不動産売却ですので素人に簡単にできることではありません。そこで専門の業者に相談をするのが賢明ですし、任意売却の方法としても一般的です。 相談先としては不動産会社や法律家があります。 法律家に相談をしても売却自体は不動産会社に外注しますので、初めから不動産会社を利用した方が安上がりです。ただ、不動産会社にも得意分野がありますので、任意売却を専門的に行っている不動産会社がいいでしょう。 さらに任意売却専門不動産会社の中でも「個人・企業・団体などから買い手探す業者」と「不動産会社自らが買い取りをする業者」がありますので、どういった業者なのかを理解してから利用してください。